本展やミケランジェロ、彫刻にまつわる素朴な疑問を、
展覧会公式キャラクター・ミケにゃんとミケ爺が解き明かします。

不定期の連載でお届け! 随時更新するので、お楽しみににゃ!

(左)「ミケランジェロ爺さん」(通称:ミケ爺)
(右)展覧会公式キャラクター「ミケニャンジェロ」(通称:ミケにゃん)

素朴な疑問01

Q.彫刻はどうして基本裸なの? 公園に裸体彫刻が置かれているのはなぜ?
A.古代ローマから、ずーっとそうなのです。

裸体彫刻は神殿を飾る礼拝像でしたが、古代ローマ人が庭園などでコレクションとして鑑賞するようになりました。裸体彫刻は、これによってめでられる「美」としての存在意義を獲得し、今もその名残が残っているのです。

「古代ローマ人も庭に飾ってたのにゃ?! 驚きにゃ・・・!!」
素朴な疑問02

Q. 古代ギリシャの男性も、理想の身体になるためにがんばっていたの?
A. めちゃくちゃがんばっていました。

身体を鍛えることは人間が他の動物と比べて優れていることの一つの証で、「徳」をみがくことは身体をみがくことと考えられていました。「健全な魂は健全な肉体に宿る」という言葉に象徴されるとおり、美しい肉体を持つことは、徳を積むこととあわせて、人間の人生を豊かにする条件のひとつだったのです。

「美しい裸体が不道徳なもの、隠すべきものと考えられるようになったのは、キリスト教の影響があってのことなのじゃ」